<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-3d-cloud</artifactId>
    <version>20.5</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-3d-cloud', version: '20.5')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-3d-cloud" rev="20.5">
    <artifact name="aspose-3d-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-3d-cloud" % "20.5"
copied!  

3D 画像処理用 Java API

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | API Reference | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.3D Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内で 3D ファイル形式を操作するのに役立ちます。 Aspose.3D Cloud REST APIs のラッパーです。

クラウドで 3D オブジェクトとファイルを処理する

  • Create a new 3D entity とサイズ。
  • 指定したノードを 3D シーンから削除します。
  • さまざまなsupported 3D file formats間のConvert
  • シーンを新しいファイル形式で抽出して保存します。
  • パスワードで保護された PDF ファイルから生データを抽出します。
  • ファイル全体を三角測量し、元のファイルに保存します。
  • ファイル全体またはシーンの特定の部分 (OAP で指定) を三角測量し、新しいファイルに保存します。
  • プラットフォームに依存しない REST ベースの API。
  • 他のクラウド サービスと統合する機能。
  • 追加のツールやレンダリング ソフトウェアは必要ありません。

3D 画像のクラウド ストレージ機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、ファイルとフォルダーを別々のストレージ間でコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

サポートされている 3D エンティティ タイプ

  • シリンダー
  • 球体
  • トーラス
  • 飛行機

3D フォーマットの読み取りと書き込み

Autodesk®: FBX 7.2 から 7.5 (ASCII/バイナリ)
3D Systems CAD: STL (ASCII/バイナリ)
ウェーブフロント: OBJ
目立たない 3D スタジオ: 3DS
ユニバーサル 3D: U3D
コラダ: DAE
GL 転送: glTF (ASCII/バイナリ)
Google Draco: DRC
ポータブル ドキュメント形式: PDF
その他: RVM (テキスト/バイナリ)、AMF、PLY (ASCII/バイナリ)、HTML

読み取り専用フォーマット

AutoCAD: DXF
DirectX: X (ASCII/バイナリ)
Siemens®: JT
Pixar®: USD、USDZ
Microsoft®: 3MF
3D Studio Max®: ASE

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.3D Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repositories>
    <repository>
        <id>AsposeJavaAPI</id>
        <name>Aspose Java API</name>
        <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
    </repository>
</repositories>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成して実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>com.aspose</groupId>
        <artifactId>aspose-3d-cloud</artifactId>
        <version>20.5</version>
    </dependency>
</dependencies>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-3d-cloud-20.5.jar
  • target/lib/*.jar

Java での 3D から PDF への変換

// Get your ClientId and ClientSecret from https://dashboard.aspose.cloud (free registration required).

ThreeDCloudApi threeDCloudApi  = new ThreeDCloudApi("client_credentials", "MY_CLIENT_ID", "MY_CLIENT_SECRET");

const string name = "sample.3d";
const string multifileprefix = "newScene";
const string newformat = "pdf";
const string password = null;
const string folder = "3DTest";
string storage = "My_Storage_Name";

var response = threeDCloudApi.PostSceneToFileWithHttpInfo(name, multifileprefix, newformat, password, folder, storage);
Console.WriteLine(response);

ライセンス

すべての Aspose.3D Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | API Reference | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
20.52020年5月11日
19.112019年11月1日
 
 日本