<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-cad-cloud</artifactId>
    <version>20.11</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-cad-cloud', version: '20.11')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-cad-cloud" rev="20.11">
    <artifact name="aspose-cad-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-cad-cloud" % "20.11"
copied!  

クラウドで AutoCAD® 図面を処理するための Java SDK

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.CAD Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内でコンピューター支援設計 (CAD) ファイル形式を操作するのに役立ちます。 Aspose.CAD Cloud REST APIs のラッパーです。

CADクラウド処理機能

  • CAD 図面の画像プロパティを取得する
  • Change the scale of an AutoCAD® sketch
  • CAD 画像のサイズ変更機能
  • CAD 画像の反転と回転
  • Export CAD drawings to PDF file format
  • CAD 図面を BMP、PNG、JPG、JPEG、JPEG2000、TIF、TIFF、PSD、GIF、WMF に変換
  • 3D ソリッドのサポート (Conic、Sphere、Torus、Cylinder、Box、Wedge)
  • DXF / DWG のサポート (有線モデル、基本ビュー キューブ位置、3D フェース)
  • DXF / DGN (サーフェス、メッシュ) のサポート。

CAD ドローイング クラウド ストレージの機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、ファイルとフォルダーを別々のストレージ間でコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

CAD フォーマットの読み取りと書き込み

DXF (R12/2007/2010)

CADに名前を付けて保存

固定レイアウト: PDF (ベクターおよびラスターとして)
画像: BMP、PNG、JPG、JPEG、JPEG2000、TIF、TIFF、PSD、GIF、WMF

CAD 形式の読み取り

DWG (13、14、2000、2004)
DWG (2010、2013、2014)
DWG (2015、2017、2018)
DWT (13、14、2000、2004)
DWT (2010、2013、2014)
DWT (2015、2017、2018)
DWF
DGN v7
IGES (IGS)
PLT
インダストリー ファウンデーション クラス (IFC)
ステレオリソグラフィー (STL)

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.CAD Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<profiles>
    <profile>
        <repositories>
            <repository>
                <id>asposeJavaAPI</id>
                <name>Aspose Java API</name>
                <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
                <snapshots>
                    <enabled>false</enabled>
                </snapshots>
                <releases>
                    <enabled>true</enabled>
                </releases>
            </repository>
        </repositories>
        <id>repositoryProfile</id>
        <activation>
            <activeByDefault>true</activeByDefault>
        </activation>
    </profile>
</profiles>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成して実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-cad-cloud</artifactId>
    <version>20.11</version>
</dependency>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-cad-cloud-20.11.jar
  • target/lib/*.jar

Java で図面を PDF に変換

// Get your ClientId and ClientSecret from https://dashboard.aspose.cloud (free registration required).

CadApi cadApi = new CadApi("MY_CLIENT_SECRET", "MY_CLIENT_ID");

GetDrawingSaveAsRequest getSaveRequest = new GetDrawingSaveAsRequest("sample.dxf", "pdf", "InputFolder", "output.pdf", "Storage Name");

cadApi.getDrawingSaveAs(getSaveRequest);

ライセンス

すべての Aspose.CAD Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
20.112021年1月4日
17.112019年1月18日
 
 日本