<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-cells-cloud</artifactId>
    <version>20.9</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-cells-cloud', version: '20.9')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-cells-cloud" rev="20.9">
    <artifact name="aspose-cells-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-cells-cloud" % "20.9"
copied!  

クラウドでスプレッドシートを処理するための Java SDK

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.Cells Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内でスプレッドシート (Excel® & OpenOffice®) ファイル形式を操作するのに役立ちます。 Aspose.Cells Cloud REST APIs のラッパーです。

Cloud Spreadsheet Processor の概要

  • Excel® ファイルをテンプレートまたはスマート マーカーとして使用して、新しいスプレッドシートを作成します。
  • Cloud SDK を介して Excel® スプレッドシートとワークシートを読み込んで処理します。
  • ワークブックを結合または分割します。
  • ワークシートの保護または保護解除。
  • Import data to worksheets
  • 数式を計算するか、数式をワークシートのセルに追加/更新します。
  • チャート、ワークシート、画像、図形、ハイパーリンク、および検証を追加、更新、または削除します。
  • セル領域、条件付き書式、または OleObjects を Excel® ワークシートに追加または削除します。
  • 水平または垂直の改ページを挿入または削除する
  • Excel® ファイル内の特定の場所での Add ListObject & セル範囲への変換。
  • ワークシート内の特定またはすべての ListObject を削除するか、ピボット テーブルでデータを集計します。
  • カスタム基準を適用して、さまざまなタイプのリスト フィルターを作成します。
  • チャートの凡例とタイトルを取得、更新、表示、または非表示にします。
  • ページ設定、ヘッダーとフッターを操作します。
  • ドキュメント プロパティの作成、更新、取得、または削除。
  • ワークシートから必要な形状を取得します。
  • Pivot Tablesと範囲の力を活用してください。

スプレッドシート クラウド ストレージの機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、別々のストレージ間でファイルとフォルダーをコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

スプレッドシート形式の読み取りと書き込み

Microsoft Excel®: XLS、XLSX、XLSB、XLSM、XLT、XLTX、XLTM
OpenOffice®: ODS
SpreadsheetML: XML
テキスト: CSV、TSV、TXT (タブ区切り)
Web: HTML、MHTML
固定レイアウト: PDF

スプレッドシートに名前を付けて保存

DIF、HTML、MHTML、PNG、JPG、TIFF、XPS、SVG、MD(マークダウン)、ODS、XLSX、XLS、XLSB、PDF、XML、TXT、CSV

他のフォーマットを読む

SXC、FODS

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.Cells Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repositories>
    <repository>
        <id>AsposeJavaAPI</id>
        <name>Aspose Java API</name>
        <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
    </repository>
</repositories>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成して実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>com.aspose</groupId>
        <artifactId>aspose-cells-cloud</artifactId>
        <version>22.5</version>
    </dependency>
</dependencies>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-cells-cloud-22.5.jar
  • target/lib/*.jar

Java を使用してワークシートを Excel® ファイルに追加する

CellsApi cellsApi = new CellsApi(CellsApiUtil.GetClientId(),CellsApiUtil.GetClientSecret())
String name = BOOK1;
String sheetName = SHEET1;
Integer position = 1;
String sheettype ="VB";
String folder = TEMPFOLDER;
cellsApi.uploadFile(folder +"\\" + filename, new File(sourceFolder + filename), null);
WorksheetsResponse response = cellsApi.cellsWorksheetsPutAddNewWorksheet(name, sheetName, position, sheettype, folder,null);

クラウドで Excel® ファイルを変換

String name = BOOK1;
SaveOptions saveOptions = null;
String newfilename = "newbook.xlsx";
Boolean isAutoFitRows = true;
Boolean isAutoFitColumns = false;
String folder = TEMPFOLDER;
// Upload source file to aspose cloud storage
cellsApi.uploadFile(folder +"\\" + filename, new File(sourceFolder + filename), null);
// Invoke Aspose.Cells Cloud SDK API to convert Excel&reg; workbook to different format
SaveResponse response = cellsApi.cellsSaveAsPostDocumentSaveAs(name, saveOptions, newfilename, isAutoFitRows, isAutoFitColumns, folder,null);

ライセンス

すべての Aspose.Cells Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
22.112022年11月16日
22.92022年9月22日
22.82022年8月24日
22.72022年7月29日
22.62022年6月28日
22.52022年5月30日
22.42022年4月20日
22.32022年3月14日
22.22022年2月24日
22.12022年1月24日
21.122021年12月28日
21.112021年11月30日
21.102021年11月8日
21.92021年10月13日
21.82021年9月18日
21.72021年8月3日
21.62021年7月16日
21.52021年5月27日
21.12021年1月25日
20.112020年12月4日
20.102020年10月23日
20.92020年9月23日
20.82020年8月19日
20.72020年7月21日
20.62020年7月2日
1.0.02020年5月12日
1.0.12020年5月12日
1.0.22020年5月12日
20.42020年4月22日
20.22020年2月20日
20.12020年1月17日
19.102019年10月30日
19.92019年9月25日
19.62019年6月18日
19.2.12019年2月22日
19.22019年2月19日
18.9.12018年9月6日
18.92018年9月5日
18.82018年8月15日
18.42018年8月2日
18.22018年2月27日
 
 日本