<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-email-cloud</artifactId>
    <version>20.3.0</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-email-cloud', version: '20.3.0')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-email-cloud" rev="20.3.0">
    <artifact name="aspose-email-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-email-cloud" % "20.3.0"
copied!  

Java REST API を介してクラウドでメールを管理する

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.Email Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内で 3D ファイル形式を操作するのに役立ちます。 Aspose.Email Cloud REST APIs のラッパーです。

クラウド メール処理機能

  • Outlook® MSG、EML、VCard、iCalendar® ファイルなど、さまざまなメール形式で動作します。
  • AI機能をサポート: – Business card recognition – 名刺画像を解析して vCard に変換 – Parsing and handling of personal names – 類似の名前を検出 – 名前から性別を特定 – 名前の可能な代替案を提案する – イニシャルから人の名前を推測
  • 組み込みの電子メール クライアントを提供します。 – IMAP、POP3、SMTP、EWS、WebDav に対応。 – 仮想マルチアカウント – Message threads (POP3 アカウントもサポートされています)
  • 電子メール構成の検出
  • 使い捨てメールアドレスの検出。

メール クラウド ストレージの機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、ファイルとフォルダーを別々のストレージ間でコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

サポートされている電子メール ファイル形式

Microsoft Outlook®: MSG
電子メール: EML、MSG、MHTML、HTML
HTML: HTML、MHTML
連絡先: VCF、MSG
iCalendar®: ICS、MSG
MAPI: MSG、TNEF、EMLX
名刺認識 AI: PNG、JPG または JPEG、TIFF、BMP、GIF

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.Email Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repository>
    <id>aspose-cloud</id>
    <name>Aspose Cloud Repository</name>
    <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
</repository>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成して実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
  <groupId>com.aspose</groupId>
  <artifactId>aspose-email-cloud</artifactId>
  <version>21.9.0</version>
</dependency>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-email-cloud-21.9.0.jar
  • target/lib/*.jar

使用例

API を使用するには、EmailCloud オブジェクトを作成する必要があります。

EmailCloud api = new EmailCloud("Your Client secret", "Your Client id");

名刺認識API

「AiBcrApi.parse」メソッドを使用して、名刺イメージを VCard DTO に解析します。

byte[] fileBytes = IOUtils.toByteArray(new FileInputStream("/tmp/alex.png"));
ContactList result = api.ai().bcr().parse(Models.aiBcrParseRequest()
    .file(fileBytes)
    .isSingle(true)
    .build());
ContactDto contact = result.getValue().get(0);
assert contact.getDisplayName().contains("Parsed Display Name");

ライセンス

すべての Aspose.Email Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
21.9.02021年9月21日
21.4.02021年4月13日
20.12.02020年12月30日
20.10.02020年10月29日
20.9.02020年9月9日
20.7.02020年7月23日
20.5.02020年5月27日
1.0.12020年5月11日
20.3.02020年3月16日
20.2.02020年2月26日
20.1.02020年1月28日
19.12.02019年12月31日
19.11.02019年11月27日
1.0.02015年7月24日
 
 日本