<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-ocr-cloud</artifactId>
    <version>1.0.0</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-ocr-cloud', version: '1.0.0')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-ocr-cloud" rev="1.0.0">
    <artifact name="aspose-ocr-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-ocr-cloud" % "1.0.0"
copied!  

クラウドで OCR を実行するための Java SDK と REST API

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.OCR Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内でさまざまな画像ファイル形式 (JPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF) で OCR を実行するのに役立ちます。 Aspose.OCR Cloud REST APIs のラッパーです。

OCRクラウド処理機能

  • OCR を介して画像からテキストを抽出して認識する
  • 画像の全体または一部に対して文字認識を実行
  • OCR に希望する長方形の領域を指定します
  • 目的の長方形領域からテキストを検出
  • フォント属性のサポート
  • わずかに回転した画像を検出する傾き補正モジュールを内蔵
  • Detect text (OCR) in English, French, and German (Deutsch)
  • OCR 応答を XML または JSON 形式で返します。

OCR クラウド ストレージの機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、別々のストレージ間でファイルとフォルダーをコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

サポートされている OCR 入力ファイル形式

JPEG
PNG
GIF
BMP
TIFF

サポートされている OCR 出力ファイル形式

XML
JSON

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.OCR Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repository>
    <id>aspose-cloud</id>
    <name>Aspose Cloud Repository</name>
    <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
</repository>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成して実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
  <groupId>com.aspose</groupId>
  <artifactId>aspose-ocr-cloud</artifactId>
  <version>21.6.0</version>
  <scope>compile</scope>
</dependency>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-ocr-cloud-21.6.0.jar
  • target/lib/*.jar

import com.aspose.ocr.api.*;

private static void setUpConfig() throws Exception {
        Configuration.setAPP_SID("XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX");
        Configuration.setAPI_KEY("XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX");
    }

public String RecognizeFromUrl(String url) {
    String urlToFile = "https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2f/Book_of_Abraham_FirstPage.png";
    OCRResponse ocrResponse = RecognizeFromUrl(urlToFile, Language.English);
    return ocrResponse.text;
}

static String RecognizeFromContent(File f) {
    File f = new File(Configuration.getTestSrcDir(), "de_1.jpg");
    OCRResponse ocrResponse = RecognizeFromContent(f, Language.German);
    return ocrResp.text;
}

ライセンス

すべての Aspose.OCR Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
21.6.02021年6月4日
20.7.02020年7月6日
1.0.02020年5月12日
1.0.12020年5月12日
20.5.02020年5月11日
18.8.02019年9月18日
 
 日本