<dependency>
<groupId>com.aspose</groupId>
<artifactId>aspose-omr-cloud</artifactId>
<version>18.8.0</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-omr-cloud', version: '18.8.0')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-omr-cloud" rev="18.8.0">
 <artifact name="aspose-omr-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-omr-cloud" % "18.8.0"
copied!  

クラウドでの OMR 処理のための Java REST API

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.OMR Cloud SDK for JavaAspose.OMR Cloud APIs のラッパーです。この SDK を使用すると、Java アプリでアンケート、試験、MCQ、調査、およびその他の OMR シートで光学式マーク認識 (OMR) 操作を実行できます。

独自のテンプレートとルールを定義し、OMR デジタル シートから必要なデータを検出し、抽出されたデータのグレーディングを実行して、CSV 形式にエクスポートできます。サードパーティのソフトウェアをインストールする必要はありません。

テンプレート生成用のマークアップは、テキスト、選択ボックス (質問)、複数列の回答シート、グリッド、画像、QR コード、バーコードの Aruco コード タイプなど、いくつかのタイプの要素をサポートしています。

OMR クラウド処理機能

  • OMR 操作のために、スキャンした写真と画像の認識を実行します。
  • 回転および遠近法 (25 度以内) の写真で OMR を実行する機能。
  • スキャンされたテスト、試験、調査などから人間がマークしたデータを抽出して認識します。
  • CSV ファイル形式への OMR 結果のエクスポートをサポートします。
  • テキスト マークアップを使用して、OMR テンプレートを生成し、調査とテスト シートを生成します。
  • GUI application for managing OMR templates の可用性。
  • テンプレートで OMR ベースの質問と回答の数を指定します。
  • クラウド クライアントとしての GUI OMR editor の可用性。
  • OMR 回答の採点を実行するための JSON ルールを提供します。
  • 画像から関心のある領域を切り取り、JPEG として保存し、OMR を実行します。
  • 高精度の光学式マーク認識 (OMR) を実行します。
  • 複数の configuration presets for image preprocessing をサポートします。

OMR クラウド ストレージの機能

  • バージョン処理を含む、ファイルのアップロード、ダウンロード、コピー、移動、および削除 (この機能をサポートするクラウド ストレージを使用している場合 - デフォルトで true)。
  • フォルダの作成、コピー、移動、および削除。
  • 単一の操作の範囲内で、ファイルとフォルダーを別々のストレージ間でコピーおよび移動します。
  • 特定のファイル、フォルダー、またはストレージが存在するかどうかを確認します。

名前を付けて OMR を保存

CSV

OMR 形式の読み取り

JPEG、PNG、GIF、TIFF、BMP

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.OMR Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repository>
    <id>aspose-cloud</id>
    <name>Aspose Cloud Repository</name>
    <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
</repository>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成し、次を実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-omr-cloud</artifactId>
    <version>18.8.0</version>
    <scope>compile</scope>
</dependency>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-omr-cloud-18.8.0.jar
  • target/lib/*.jar

OMRFunctionParam param = new OMRFunctionParam();

String packedTemplate = PackTemplate(templateFile.getFileName().toString(), Files.readAllBytes(templateFile));
param.setFunctionParam(packedTemplate);

UploadFile(imageFile, "");

return api.postRunOmrTask(imageFile.getFileName().toString(), "CorrectTemplate", param, null, null);

ライセンス

すべての Aspose.OMR Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
18.8.02018年9月12日
 
 日本