<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-slides-cloud</artifactId>
    <version>19.7.0</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-slides-cloud', version: '19.7.0')
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-slides-cloud" rev="19.7.0">
    <artifact name="aspose-slides-cloud" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-slides-cloud" % "19.7.0"
copied!  

クラウドでプレゼンテーションを処理する Java REST API

banner

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

Aspose.Slides Cloud SDK for Java は、サードパーティ ソフトウェアをインストールすることなく、クラウドベースの Java アプリ内でスプレッドシート ファイル形式 (PowerPoint® & OpenOffice®) を操作するのに役立ちます。 Aspose.Slides Cloud REST APIs のラッパーです。

クラウド プレゼンテーション処理機能

  • プレゼンテーションまたは選択したスライドを、サポートされているさまざまなファイル形式に変換します。
  • PowerPoint® プレゼンテーションを分割または結合します。
  • プレゼンテーション テーマ (FontScheme、FormatScheme、ColorScheme) を操作します。
  • アニメーションとアニメーション効果をサポートします。
  • スライド ノートの追加、更新、抽出、ダウンロード。
  • スライド内に図形 (ジオメトリ パス、ズーム フレーム、ワードアート) を適用します。
  • カスタム フォントのフォルダーを指定します。
  • さまざまなスタイルのグラフ (縦棒グラフ、円グラフ、サンバースト グラフ、散布図、バブル チャート) をサポートします。
  • スライド情報を抽出します (プレースホルダー、プレースホルダー数、フォント パターン、配色、背景、コメント)。
  • 目的のスライドまたはプレゼンテーション全体からテキストを置き換えます。

プレゼンテーション形式の読み書き

Microsoft PowerPoint®: PPT、PPTX、POT、POTX、PPS、PPSX、PPTM、PPSM、POTM
OpenOffice®: ODP、OTP

プレゼンテーションに名前を付けて保存

固定レイアウト: PDF、XPS
画像: JPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF
ベクター: SVG
ウェブ: HTML
その他: SWF

要件

API クライアント ライブラリを構築するには、次のものが必要です。

  1. Java 1.7+
  2. メイヴン

前提条件

Aspose.Slides Cloud SDK for Java を使用するには、Aspose Cloud でアカウントを登録し、Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成する必要があります。無料枠あります。詳細については、Aspose Cloud Pricing を参照してください。

インストール

Maven からインストール

Aspose Cloud リポジトリをアプリケーション pom.xml に追加します。

<repositories>
    <repository>
        <id>AsposeJavaAPI</id>
        <name>Aspose Java API</name>
        <url>https://releases.aspose.cloud/java/repo/</url>
    </repository>
</repositories>

ソースからインストール

API クライアント ライブラリをローカルの Maven リポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

mvn clean install

代わりにリモートの Maven リポジトリにデプロイするには、リポジトリの設定を構成し、次を実行します。

mvn clean deploy

詳細については、OSSRH Guide を参照してください。

Maven ユーザー

この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-slides-cloud</artifactId>
    <version>22.4.0</version>
</dependency>

その他

最初に、次を実行して JAR を生成します。

mvn clean package

次に、次の JAR を手動でインストールします。

  • target/aspose-slides-cloud-22.4.0.jar
  • target/lib/*.jar

PowerPoint ドキュメントを PDF 形式に変換します

aspose-slides-cloud ライブラリを使用した以下のコード例:

Configuration configuration = new Configuration();
configuration.setAppSid("MyClientId");
configuration.setAppKey("MyClientSecret");
SlidesApi api = new SlidesApi(configuration);
File response = api.convert(Files.readAllBytes(Paths.get("MyPresentation.pptx")), ExportFormat.PDF, null, null, null);
System.out.println("My PDF was saved to " + response.getPath());

ライセンス

すべての Aspose.Slides Cloud SDK、ヘルパー スクリプト、およびテンプレートは、MIT License の下でライセンスされています。

承認と認証

API 用に定義された Authentication schemes は次のとおりです。

JWT

おすすめ

潜在的な問題を回避するために、マルチスレッド環境でスレッドごとに「ApiClient」のインスタンスを作成することをお勧めします。

Product Page | Documentation | Live Demo | Swagger UI | Code Samples | Blog | Free Support | {{ハイパーリンク8}}

VersionRelease Date
22.10.02022年11月3日
22.8.02022年9月30日
22.9.02022年9月30日
22.7.02022年8月1日
22.6.02022年7月13日
22.5.02022年6月6日
22.4.02022年4月23日
22.3.02022年3月30日
22.2.02022年3月4日
22.1.02022年2月4日
21.12.02021年12月27日
21.9.02021年10月8日
21.8.02021年9月4日
21.6.02021年7月9日
21.3.02021年4月9日
21.2.02021年2月27日
21.1.02021年2月2日
20.12.02020年12月27日
20.10.02020年10月27日
20.9.02020年10月5日
20.8.02020年9月4日
20.7.02020年8月5日
20.6.02020年7月15日
20.5.02020年6月2日
1.0.02020年5月12日
1.0.12020年5月12日
1.0.22020年5月12日
20.4.02020年5月8日
20.2.02020年3月3日
19.10.02019年11月5日
19.9.02019年9月30日
19.8.02019年9月9日
19.7.02019年7月31日
19.6.02019年6月28日
19.5.02019年6月10日
19.1.02019年2月18日
18.12.02019年1月11日
FileClassifierSize
aspose-slides-cloud-19.7.0.jar1.19 MB
 
 日本